ヘルペスの再発例では、体の末端の神経細胞にウイルスが潜伏している場合が多くあります。末端の神経細胞には寿命があるため、バルトレックス服用期間中に寿命が尽きた細胞のウイルス排出頻度を減らすことができます。バルトレックスは、単純ヘルペス、帯状疱疹、水痘、性器ヘルペスに使用される薬剤です。これらの病気は、表皮や粘膜に紅斑や鉱泉水疱を生じ、神経に沿った痛みが出現します。
バルトレックスには、塩酸バラシクロビルという有効成分が含まれており、体内でアシクロビルという抗ウイルス剤に変換され、ヘルペスウイルスの増殖を抑止します。

ゾビラックス(アシクロビル)は、店頭で販売されている大型のヘルペス治療薬です。バルトレックスはゾビラックスを少し改良したもので、服用量が少なく、副作用も少なくなっています。バルトレックスを服用する際は、普段より多めに水分を取ることが大切です。また、服用免除など医師の指示なしに勝手に判断しないようにしましょう。

バルトレックスは、ヘルペスの発症率が通常の薬より低いにもかかわらず、ヘルペスの治療薬として再認識されています。もちろん、ヘルペスの治療効果は維持されており、頻繁に薬を服用する必要がない抗ヘルペスウイルス薬として、バルトレックスは主な選択肢となっています。バルトレックスは、ウイルスの繁殖を抑え、皮膚の劣化を抑えながら正常な状態に戻すことで、ヘルペス、水痘、帯状疱疹の治療に有効です。

バルトレックスの服用を継続することで、治療中だけでなく、服用を中止した後もヘルペスの再発を抑えることが可能です。バルトレックスは、ゾピラックスを改良し、塩酸パラシクロピルを主成分とする第2世代の抗ウイルス剤で、ヘルペス、ミネラルウォーター水痘、帯状疱疹に有効な薬です。バルトレックスは、英国のグラクソ・スミスクライン社が開発した抗ウイルス剤で、有効成分としてバラシクロビルを含有・混合しています。日本では2000年から医療機関で処方され、ヘルペスや帯状疱疹の治療薬として扱われ、自分と自分の目的地を守るためにますます重要な薬になっています。

アシクロビル三リン酸は、通常の基質であるdGTPと競合し、ウイルスDNAポリメラーゼによってウイルスDNAの3’末端に取り込まれることで、ウイルスDNA鎖の伸長を止め、その生成を阻害します。これらの一致は、接触感染した細胞のみに存在するウイルスのチミジンキナーゼによるものであるため、ウイルスに接触感染していない細胞には影響が少ないと考えられています。単純ヘルペスウイルスのほか、重症化しやすい女性の膀胱や子宮頸部の接触感染にも有効です。アシクロビルがDNAに取り込まれる際にリン酸化されるには、接触感染した細胞で誘導される酵素(チミジンキナーゼ)が必要である。ウイルスに感染していない正常な細胞では、リン酸化が起こらないため、アシクロビルはDNAに取り込まれません。