フィナステリドは頭部の皮脂分泌を抑える効果があると言われており、皮脂で滞っていた頭部の血行を促進することで、より髪を活性化させる効果が期待されます。AGAプロセス消去作用は、有効成分が体内に残ってこそ期待できるものです。症状が改善されて服用を中止すると抜け毛が再発するので、根気よく服用を続けましょう。

フィナステリドは、5αリダクターゼ阻害剤と呼ばれる薬です。男性型脱毛症の原因は、男性ホルモンのジヒドロテストステロン(DHT)だと言われています。5αリダクターゼ酵素が男性ホルモンであるテストステロンをより強力な男性ホルモンであるDHTに置き換えます。このDHTが作用して抜け毛が発生するのです。フィンペシアを販売しているシプラ社は、キノリンイエローを使用していないフィンペシアの販売を開始しました。オオサカ堂やベストケンコーで販売されているフィンペシアは、キノリンイエローの長期服用による反応が心配な方でも安心して使用・受取ができる製品です。

これまで販売されていたフィンペシアには、添加物としてキノリンイエローが含まれていたため、体への安全性が懸念されていましたが、今回発売されたフィンペシアにはキノリンイエローの規制がないため、安心して使用することができます。しかし、今回発売されたフィンペシアはキノリンイエローの規制がないため、安心して使用することができます。フィンペシアはプロペシアのジェネリック医薬品の中で最も人気があり、プロペシアの候補として使える最強のAGA治療薬です。

フィンペシアはキノリンイエローフリーで事故もなく、先発品のプロペシアよりもリーズナブルな価格で購入することができます。違いは、製剤の色と剤形だけです。プロペシアはピンク色の八角形の錠剤(国内品は丸い錠剤)、フィンペシアは白色の球形の錠剤です。両者の嵩の差はほとんどありません。プロペシアを服用していた方がフィンペシアに変更する場合も、不自然さはなく、同じように使用することができます。

DHTは男性ホルモンのテストステロンと5αリダクターゼという酵素を経て設計されます。フィナステリドは2型5αリダクターゼを阻害することで、DHTの生成をカットし、髪のスカスカを抑制することができます。フィナステリドは、テストステロンが5αリダクターゼという酵素と結合するのを阻害し、髪の乏しさの原因となる男性ホルモン、ジヒドロテストステロン(DHT)をつくらせないようにします。ジヒドロテストステロンを一掃することで、髪の乏しいMCを細かくすることが期待でき、細かく切れやすい髪が感情を取り戻し、明らかに広い髪に変化していきます。

3~40年服用するとされるAGA治療薬の場合、フィンペシアとプロペシアの金銭的コストを比較すると、摂取後180日で27,900円、3年で16,9,725円という差があります。単価の違いが見て取れます。フィンペシアは抜け毛を減らし、太くコシのある髪を手に入れることができ、1錠30円なので経済的負担を軽減することができるのです。注意点としては、その有効性を止めないために継続的に服用する必要があります。フィンペシアの服用を中止すると、約1年後にあった増毛が服用を始める前の状態に戻ってしまうことが確認されていますので、影響を持続させるためには、フィンペシアの服用を顕著に継続することが必要です。