フィナロイドは着色料コストとして添加物であるキノリンイエローを使用していません。安心して使えるフィナステリド内服薬をお探しのお客様におすすめです。フィナロイドは、AGAを効果的に治療するお薬です。フィナロイドの成分であるフィナステリドは、男性ホルモンであるDHT(ジヒドロテストステロン)の生成物を減少させ、発毛サイクルを改善させる作用があります。

フィナステリドを補給した場合の副作用として、勃起不全、精液分泌量の減少、肝機能障害などが挙げられますが、これらの副作用の発生率は全体の4%程度であり、安全性の高い薬と言えます。遺伝性の男性型脱毛症を誘発するのはジヒドロテストステロン(DHT)なので、フィナロイドで5αリダクターゼを阻害し、ジヒドロテストステロン(DHT)への置換を防ぐことが男性型脱毛症の治療の可能性として考えられています。

フィナロイドは、脱毛の順番をモラトリアムにすることに加え、発毛を促進することもできます。ロゲインやリアップなどのミノキシジル系育毛剤と併用することで、より高い発毛効果が期待されます。フィナロイドの製造元であるLLOYD LABORATORIESは、フィリピンの製薬会社です。LLOYD LABORATORIESは、ダイエット薬として人気の高いオルリスタットの製造元として有名で、各国に支社があります。LLOYD LABORATORIES社のフィナロイドは、プロペシアとその成分フィナステリド1mgを配合した前立腺肥大症治療薬です。前立腺肥大症の治療薬としての使用だけでなく、髪の毛がない場合の治療薬としても多くの人に利用されています。

フィンペシア」は、フィナロイドと同じ成分の医薬品です。多少の違いはありますが、フィナロイドの方が安価であるため、フィンペシアから乗り換える方も多くいらっしゃいます。フィナロイドにはDHTの生成を抑制する効果がありますが、ミノキシジルには血管拡張作用があり、頭髪の血行を良くして栄養や酸素を途切れなく届けることができるようになります。

DHT生成抑制作用は、皮脂の過剰分泌を引き下げ、2型5-a還元酵素にのみ作用するのが特徴です。他のホルモンとの反応や副作用も極めて少ない薬剤です。DHTは頭皮の血管を収縮させ、髪に栄養や酸素が届かなくなる。フィナステリドはDHT生成物の量をコントロールすることでAGAの症状を改善します。フィナロイドは、フィリピンの有名な製薬会社であるロイドラボラトリーズ社が販売しているプロペシアのジェネリック医薬品(後発医薬品)です。有効成分、効能、効果など、すべての面で「プロペシア」と同等です。