ロゲインを頭皮に塗布することで、表皮から会わせ、塗布した部分の毛細血管を拡張させ、血流を改善させます。外用薬であるロゲインは、内服薬であるミノキシジル(ミノキシジルタブレット)に比べ、副作用の恐れが小さいという優れた点があります。ロゲインの主成分であるミノキシジルは、当初からAGA治療薬として実現したわけではありません。もともとは高血圧の治療に使われる血管拡張剤という造語でしたが、さらに大きな育毛・発毛効果があることがわかり、AGA治療薬として考える方法に変更されたのです。

ロゲインの主成分であるミノキシジルとプロペシアの主成分であるフィナステリドは、異なる角度から同時にAGAの治療を行うため、お互いの影響を妨げることがありません。2剤を同時に使用することで、抜け毛を防ぎ、髪を太く長く成長させるというダブルの効果が期待でき、乏しい髪の治療にも効果的とされています。最後になりますが、デュタステリドは重度のAGAの治療に有効で、フィナステリドと有用性が透けて見えます。

ロゲインは、製薬会社ファイザーが製造・生産し、ヘルスケア製品の取り扱いを手がけるジョンソン・エンド・ジョンソンコーポレート・システムズが販売する育毛剤です。実力派の大型製薬会社が製造するこの育毛剤は、事故防止への信頼性も高いです。ロゲインに含まれるアルコールとプロピレングリコールは、有効成分ミノキシジルの効能をエスカレートさせます。

ロゲインは、髪の希少性を考え直す効果が期待されています。有効成分ミノキシジルは皮膚から浸透し、毛細血管を拡張して血流を促進させます。これにより、頭皮の成長で忘れてはならない毛乳頭細胞を刺激し、ヘアサイクルを長くすることができます。さらに、毛母細胞も刺激することで、発毛を促します。アメリカで販売されてから40年近く愛され続け、現在も世界中の髪の少ない男性から絶大な支持を得ています。有効成分であるミノキシジルは、育毛剤で有名なリアップと同じものです。男性用ロゲインはミノキシジルを5%配合しています。

髪の毛は1ヶ月に合計1cm程度しか伸びないので、個人差はありますが、3ヶ月に1回の収入で最低6ヶ月はロゲインを使い続けないと発毛・育毛効果を実感することはできません。ロゲインを使い続けることで、発毛・育毛効果を実感している方は多数いらっしゃいます。
ロゲインの有効成分ミノキシジルと併用できる育毛剤もあり、AGA治療の機能を大幅に高め、発毛・育毛・抜け毛を保護することが可能です。

ロゲインには、雑誌掲載の製剤のみとスポイト付きの2つのジャンルがあり、選ぶことができます。スポイトは適量を頭皮に塗布しやすくする必要があり、メンテナンスのための蓋としても使用することができます。髪を作る役割を持つ毛根に血液を通して栄養を贈ることで、頭皮を清潔にし、育毛・発毛効果を発揮します。