ケアプロストの有効成分ビマトプロストは、まつ毛のヘアサイクルに働きかけます。ヘアサイクルとは、まつ毛の成長サイクルのことです。まつ毛は成長期、退行期、凍結期を経て、伸びてから抜けるまでが繰り返されます。ケアプロストは、ビマトプロスト0.03%を有効成分とするまつ毛育毛剤(まつ毛貧毛症治療剤)です。

影響開始時期には個人差がありますが、一般的には使用開始後2ヶ月で効果を実感される方が多く、眼球では4ヶ月ごとに最大効果が得られると言われています。ただし、効果を持続させるためには、継続的に使用することが必要です。ケアプロストはジェネリック医薬品のため、ルミガンよりも安価に購入できますので、まつ毛を伸ばしたい、増毛したいという方はケアプロストを試してみてはいかがでしょうか。

ケアプロストはルミガンのジェネリック医薬品であると同時に、グラッシュビスタのジェネリック医薬品でもあります。まつ毛貧毛症は、まつ毛が抜けたり、良くなかったりするある種の病気です。専門病院でのまつ毛育毛治療を通じて、基本的に薬を処方する以外の治療は行わず、ケアプロストを自分で購入すれば、その有効性を損なうことなく、単価のマージンを二人分減らすことができます。

ケアプロストはインドのサンファーマ社が製造するまつ毛育毛剤で、ルミガンよりもかなり安価に購入できるため、個人輸入では最も人気のある商品です。有効成分ビマトプロストは、まつ毛の毛根に作用し、ヘアサイクルの成長期を延長させることでまつ毛の成長を促すとされています。睫毛貧毛症とは、睫毛が不足していたり、満足のいく本数でないことを特徴とする疾患です。原因としては、特発性(老齢など)、素肌や全身疾患、悪い場所(円形脱毛症など)などがあります。

ビマトプロストに限らず、まつ毛をやり続けると太くなって始まるPG薬がありますが、日本の厚生労働省に似た国の機関である米国FDAが、ビマトプロストをまつ毛育毛剤として承認しています。4ヶ月間使用した後は、2日に1回程度の使用で効果が維持されます。ケアプロストの塗布を断念した場合は、2ヶ月に1回程度で帰宅することになります。

注意点としては、ビマトプロストの使用を続けている間は、まつ毛の成長が期待できますが、使用を中止すると、数ヶ月でまつ毛の成長効果が失われてしまうことです。まつ毛の育毛効果を維持するためには、ケアプロストの使用を継続することが望ましいと考えられています。ビマトプロストなどのPG点眼薬を繰り返し使用することで、まつ毛が太くなる、決まる、長くなる、アクセスしやすくなることは、基本的に知られています。この即効性を巧みに利用したのが、まつ毛育毛剤「ケアプロスト」です。

ケアプロストのまつ毛育毛効果は、有効成分として配合されているビマトプロストによるものです。ケアプロストの先発薬であるルミガンにも、同じビマトプロストが含まれているはずです。緑内障治療の臨床現場で頻発した「まつ毛が急激に伸びる」という副作用を指標に、先発薬のルミガンは「まつ毛貧毛症治療薬」として新たに世に広まりました。