ビマトプロストは、メラノサイト(調子そのままの細胞)の活性化因子であるエリートループスタグランジンと化学的に類似しており、メラニン調子自然の生産を刺激する働きもあるのだそうです。天然のメラニントーンの数が増えることで、今日の太くて濃い髪の成長が促されるのです。目元は、女性のメイクアップの中で最も重要な要素でしょう。目元に視線を集めるために、アイラッシュカーラーでまつ毛を上げ、人気のカラーで美しく仕上げるだけでなく、まつ毛エクステンションやつけまつ毛を使用する女性も多いのではないだろうか。

ルミガンは、まつ毛を美しく育てる効果があるため、フレッシュな女性を中心に美容目的で使用され、取り入れられてきました。実際に米国で承認されて以来、ビマトプロストを有効成分とするまつ毛育毛剤は、ルミガン以外にもグラッシュビスタやラティースなどのブランドで販売されています。また、ジェネリック医薬品として、ケアプロスト、ビマトピルドロップスなどが発売されていますが、いずれもルミガンと同様の効能を持ち、美しいまつ毛を望む多くの女性に受け入れられています。

ルミガンは、アラガン社が考案したまつ毛育毛剤です。有効成分であるビマトプロストは医薬品成分であるため、日本ではドラッグストアなどで市販されていないものと思われます。ルミガンを1日1回寝る前に塗るだけで、そのままの太さのまつ毛の成熟を促し、スケールを大きくすることができます。ルミガンを使い続けることで、まつ毛の距離と太さが増すことで全体の本数が増え、毛色の濃さが増して、濃くハリのある美しいまつ毛になります。

ルミガンは、もともとのまつ毛の毛質が悪い、まつ毛エクステ、メイクなどで傷んだまつ毛を改善したり、抗がん剤や化学療法で奪われたまつ毛を元に戻すなど、様々な場面で素晴らしいまつ毛育毛効果を発揮しています。ルミガンは、もともと緑内障の治療薬として開発されました。ルミガンは、緑内障の治療薬として、世界80カ国以上で承認されています。ルミガンのまつ毛育毛効果は、緑内障の治療薬として開発中に発見されました。

まつ毛貧毛症治療薬として医学的に承認されているため、市販のまつ毛美容液よりもはるかに高い効果が期待できます。緑内障治療の点眼薬(点眼薬)として使用され、臨床試験でルミガンを使用した緑内障相談者の46.13%が副作用としてまつ毛の伸び(延びた、太くなった、患ったという)をコメントされています。ルミガンの副作用は、軽度の痒みが最も多く報告されている程度で、そもそも安全性の高いものです。ただし、特徴として目の近辺が癒着することがありますので、ご注意ください。

ルミガンは、まつ毛を長くしたり、スケールを大きくしたり、まつ毛の大きさと密度を高め、満足のいく精細さを与える効果があると言われています。ルミガンのハイエンドな結果と、効果のないプラセボを患者に投与したジャンルの成長率を集計する。プラセボを睫毛貧乏の相談者85名に投与実践したことを利用して、4ヶ月ごとの収入の時点で正常化する確率は17.6%(15/85名)でした。ビマトプロストの再診率(77.3%)と比較すると、改善率にかなりの差が用意され、ルミガンの有効性は「固定概念」ではないことが分かりました。